はじめてのジャイアントペーパーフラワーのこと


デザイナーMEGUです。

祝!初ブログということでPETAL Designを立ち上げる前、一番最初にジャイアントペーパーフラワーを制作した時のお話です。

_DSC0166

この写真は2015年明けてすぐ、その頃日本にはジャイアントペーパーフラワーという確立されたジャンルがなかったころに制作したフラワーウォール。

すでに海外では結婚式やホームパーティー、イベントやウィンドウディスプレイなど空間を華やかに装飾したいときのアイテムとしてジャンルが流行していました。

 

もともと生花のフラワーアレンジメントを生業としてきた人からすると、このジャイアントペーパーフラワーを見たときの衝撃ときたらありませんでした。

こんなに大きなお花があるのか!

どうやったらこんなお花が作れるの?

日に日にジャイアントペーパーフラワーに対する募る思い!まるで初恋の少女のように1日中ジャイアントペーパーフラワーのことを考えていました。

そして決意!

自分で作ってみたい!やってみるしかない!そこで身近にあったコピー用紙を手に取り、見よう見まねで最初の1輪を作り出しました。

このお花がコピー用紙で出来ているなんて信じられますか?

_DSC0132

_DSC0144
ここで思い描くジャイアントペーパーフラワーが出来ていなかったらきっと今のPETAL Designはなかったと思います。

教えてくれる人はもちろんなく、唯一手掛かりになるのは海外のアーティストのinstagramの写真のみ。それでも何とかフラワーウォールを完成させたとき、このジャイアントペーパーフラワーのアーティストになろうと決意した瞬間でした。

_DSC0227

 

今でこそ様々な素材でありとあらゆるお花を制作していますが、この初めてのお花がなければ今に続いていませんでした。

ジャイアントペーパーフラワーって素敵だな!と少しでも思った人がいたら、身近にあるコピー用紙でも包装紙でも構いません。うまくできなくて当たり前、それでも最初の1輪を作ってみてください。

きっとジャイアントペーパーフラワーの魅力を目の当たりにすることになりますよ!

 

ということでPETAL Designの初ブログ投稿ということでデザイナーMEGUの「はじめてのジャイアントペーパーフラワーのこと」でした。

 

以上、アトリエより愛を込めて。

 


次の投稿へ →

2 コメント

  1. 昨年秋、舞浜の会場ではじめて作品=スタンドを拝見しました!
    生花のスタンドやアレンジメントをお気に入りの役者さんにいれたりしていたので…

    いつか発注したいなぁと

コメントを残す