PETAL Design代表、日本唯一のジャイアントペーパーフラワーアーティストのMEGUです。すっかり秋モードな今日この頃、天候も崩れがちで湿気が苦手なジャイアントペーパーフラワーには条件が厳しい時期ですね。

実は8月中旬から展示が始まっていたのですがジャイアントペーパーフラワー×リース×アーティフィシャルフラワーのご紹介。展示しているのは東京都台東区、問屋of問屋であるシモジマさんの別館、アーティフィシャルフラワーやハンドメイド資材が豊富にそろうEAST SIDE TOKYO。

http://eastsidetokyo.jp/

大通りに面する最も目立つ場所にウィンドウディスプレイとして装飾させていただきました。

リース ジャイアントペーパーフラワー

ショーウィンドウは撮影が難しいけど、映り込みもまた一興


ディスプレイ装飾前にアトリエで仮の撮影。イメージを作っていきます。仮なので脚立やイスを台にしているのはご愛嬌。実際は天吊りになります。

リース ジャイアントペーパーフラワー

リース ジャイアントペーパーフラワー

リース装飾用には2種類の紙を使用。一つはクレープペーパーと呼ばれる少し皺感のあるもの。もう一つは薄葉紙と呼ばれるような透け感のあるもの。仕上がりのイメージにより紙を使い分けます。

今回はautumnシーズン用のディスプレイなので柔らかく暖色系を中心とした色味。8月中旬から11月まで装飾期間があるため、寒い時期になったときにも似合うお花をしつらえます。

リース ジャイアントペーパーフラワー

リース ジャイアントペーパーフラワー

リース ジャイアントペーパーフラワー

リース ジャイアントペーパーフラワー

リース ジャイアントペーパーフラワー

リース ジャイアントペーパーフラワー

リース ジャイアントペーパーフラワー

使用したクレープペーパーはこちら。もちろんEAST SIDE TOKYOさん(シモジマ)で購入することが出来ます。

リース ジャイアントペーパーフラワー

最後の仕上げはアーティフィシャルフラワーをジャイアントペーパーフラワーの間に装飾して完成。


今回は秋用の装飾でしたが、リースを使えばクリスマスにもぴったり。もちろんそれ以外の季節にもアレンジ可能です。

装飾期間は11月くらいまでになると思いますので実物をご覧になりたい方はお早めに!

EAST SIDE TOKYO
http://eastsidetokyo.jp/
所在地: 〒111-0051 東京都台東区蔵前1丁目5-7
電話: 03-5833-6541