日本唯一のジャイアントペーパーフラワーアーティストのMEGUです。世界的に有名なブランドで、ディオールやフェンディなどと同じLVMH系列に属するジバンシイのコスメ・香水などを展開するパルファム・ジバンシイ様の2017春夏メイクアップイベントにてジャイアントペーパーフラワーの装飾を担当させていただきました。

201703_productsTop_04b

 

当日の様子はハーパーズのリポートで。

http://harpersbazaar.jp/harpers-bazaar-premier-club/parfums-givenchy-report-161205

 

神々しいまでにピュアな輝きあふれる“クリア グロウ”な白肌へ。

確かな手ごたえと信頼を得てきたジバンシイの美白*。さらに高い専門性とクチュールの精神を注ぎ込み、ディヴァン(=女神)の名を冠した新シリーズを完成させました。 神々しいグロウ美白で、ピュアな輝きがあふれる白肌へ。

 

201703_BD_series 201703_products04_technology

担当させていただいたのは2017年3月3日より全国で発売される「ブラン ディヴァン シリーズ」の壁面装飾。モチーフにとなったお花を壁面に立体的に咲かせてほしいというご依頼を頂きました。

 

まずはアトリエで下準備のお花制作。ビジュアルイメージに近づけるために今回は着色の加工をしています。

ジバンシイ-1

ジバンシイ-2

ジャイアントペーパーフラワーをメインにしていますが、時には小さなお花も制作します。

ジバンシイ-3

ジバンシイ-4

ジバンシイ-5

 

今回の装飾で最も困難を極めたのが現場での施工でした。通常はアトリエである程度お花の配置を決め、ボード素材に貼り付けて現場に持っていくことがほとんどなのですが、施工スケジュールや素材の関係で貼り付けに関しては全て現地で行うことになりました。

 

会場は東京・渋谷の BANK GALLERY。

ジバンシイ-12

真っ白な壁面に向かうとなんだか緊張感が高まります。

ジバンシイ-7

お花の貼り付け位置を現地で決めていきます。

ジバンシイ-8

宇都宮メディアアーツからインターンとしてPETAL Designのスタッフとして動いてくれた川上ひかりさん、倉渕めだかさん。慣れない現場での作業でしたがしっかりとサポートしてくれました。

ジバンシイ-6

ジバンシイ-9

慎重に一輪一輪お花を貼り付けていきます。

ジバンシイ-11

同時並行で中央にビジュアルが貼られたところ。

ジバンシイ-14

ジバンシイ-16

ジバンシイ-17

パルファム ジバンシイ代表取締役社長 ジュリー コアン・オリヴィエと、2017年春の新作コスメを発表するために来日したジバンシイ メイクアップ アンド カラー アーティスティック ディレクター、ニコラ・ドゥジェンヌも装飾の様子をしっかりチェック。

ジバンシイ-13

今回も様々なプロの裏方の皆さんに支えられてアートオブジェが完成しました。

ジバンシイ-15

現場での失敗の許されない作業とあって、6時間を超える長丁場となりました。

 

ジャイアントペーパーフラワーは大きい制作物ではあれど、一つ一つの行程は繊細でなければなりません。小さな部分に手を抜くと、大きなものを組み上げたときに絶対に完成度の高いものは出来ないからです。

 

今日は3月3日ひな祭りですね。少しずつ春らしくなってきたことを肌で感じる今日この頃。PETAL Designが手掛ける春の装飾もまたこれからいろいろと発表できそうです。

 

以上、MEGUでした。